お問合せ

フランチャイズ契約のメリット デメリットとは

Tag:

最近、フランチャイズ契約に関する相談を受けることがありました。

事業に新規参入するには、フランチャイズ契約は魅力的な面も多いですよね。
フランチャイズ契約といえば、コンビニエンスストア、弁当チェーン、飲食店、学習塾、少し変わったところで、フィットネスクラブやハウスクリーニングなど。たくさんの業種でフランチャイズ契約は存在します。これから創業されようとしている方は、気になるところではないでしょうか。

そこで、今日はフランチャイズ契約のメリット・デメリットについてお話してみたいと思います。

まずメリットです。

①本部のノウハウを活用して開業できる

事業に関する知識や経験がなくても、本部の行う研修や開業応援を得て、スムーズに開業できます。内装工事、商品仕入れなどの全面バックアップがあります。本部は他の加盟店のデータを持っているため、ノウハウの指導を受けることができます。

②知名度のあるロゴ・マーク等の商標を利用できる

例えば、コンビニをオープンする時、〇〇商店という個人の屋号よりは、「ローソン」や「ファミリーマート」の方が消費者からみると、ブランド価値があります。それらの商標を活用し、集客を図るとことができます。

③開業物件の立地調査を本部に依頼できる

開業時に立地調査を依頼できます。前面道路に通行量はどれくらいあるか、商圏の人口はどう推移しているか、他の加盟店と比較してどれぐらいの売り上げが見込めるのか、こうしたことを調査してくれます。

次にデメリットです。

①ノウハウがない本部に加盟すると、きちんとした経営指導を受けることができない

本部についても有しているノウハウに違いがあります。十分な指導を受けられず、不満が出てくるケースがあります。

②高額な加盟金やロイヤルティが経営を圧迫することがある

これらにより、初期投資が多額になったり、ロイヤルティの支払いが多額になり、資金繰りを圧迫するケースがあります。

③ノウハウ取得後、同業を行おうとしても、契約終了後一定期間、加盟店が類似の事業を行うことを契約で禁止している場合がある。

同業を行おうとしても、契約で制限がかかり、自身で事業ができないケースがあります。

以上、簡単ではありますが、フランチャイズ契約のメリット・デメリットについて書かせていただきました。

物事には、いい事ばかりというおいしい話はありません。また、普通フランチャイズの本部が加盟店の募集説明会を開催する際、デメリットを詳しく説明することもありません。

大切なことは、これらメリット、デメリットを把握したうえで、客観的で冷静な判断を行うことではないでしょうか。

次回は、もう少しつっこんで、「フランチャイズ契約で事前に知っておかねばならない注意点」についてお話したいと思います。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中。ぽちっとご協力よろしくお願いします。

「フランチャイズ契約のメリット デメリットとは 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ