お問合せ

コンサルに必要な視点

Tag:タグ:

コンサルをしている際、大抵コンサル先は、業界のプロです。永年の経験に裏打ちされた、業界に関する知識を有しています。

そのこと自体は尊敬に値します。しかし、コンサルがそれに呑まれていると、気後れして仕事になりません。コンサルは、戦略を導き出すプロです。また、ヒアリングに関してもプロです。分からないことは、診断先に教えてもらいます。

私が大切だと考えているのは、「客観的な視点」です。相手は業界のプロだからこそ、「常識」や「しがらみ」にがんじがらめになっていることがあります。その状態を客観的な視点、診断先が気付かない視点で切り込んでいくのです。業界の事も知らないのに・・・、机上の理論は不要だ・・・、という意見にくみしてはなりません。見方を変える意味では、机上の理論が必要なケースもあるからです。

診断先が業界のプロだとしたら、コンサルは業界の素人であることを逆に強みとして、違う視点から新鮮な提言をできることもあります。コンサルは色々な企業、色々な業界に幅広く関わっています。それも強みなのです。

「コンサルに必要な視点 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ