お問合せ

銀行が手のひらを返す時嘆かないよう、気をつけておきたいこと

銀行は晴れの時に傘を貸して、雨の時に傘をとりあげる・・・。以前からよく言われています。私が銀行員時代にも顧客から言われたことがありました。

立場変わって、支援者として中小企業支援に携わっている際、経営者からこの言葉をよく聞きます。

「信頼していた永年の取引銀行が、業績不振に陥った途端、手のひらを返してきた。」と。歴代の担当者や支店長に頼まれるまま、色々な協力をしてきたのに、薄情な。悔しくて裏切られたという気分は大きいでしょう。

理想から言えば、しんどい時こそ、支えてほしい。それが銀行の価値です。しかし、必ずしもそうなっていないのが現状です。

銀行は預金者から集めた資金を融資に回しています。融資金を回収不能にするわけにはいけません。株主代表訴訟もあります。善管注意義務違反で訴えられることだってあります。銀行側にも色々な事情があるのです。

銀行と良好なパートナーシップを組み、いい関係を保っていくことは、経営にとっておおきなプラスです。しかしながら、それは全面的に銀行を信頼し、任せておくことではありません。「お宅がメイン銀行で、お宅と心中よ。」という経営者に時々お会いします。これは危険です。

このタイプの経営者は、銀行の方針が変わると必ずこう言います。「あれだけ良好な関係だったのに。手のひらを返された。」

そうならないように、銀行のことをよく知り、馴れ合いにならず、程よい緊張感の中、いい関係を築いていく必要があります。そのためには、自社が責任感をもって、銀行取引の方針を立て、銀行取引を戦略的に考えていくことが大切なのです。

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

「銀行が手のひらを返す時嘆かないよう、気をつけておきたいこと 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ