お問合せ

価格に挑戦する②~マーケット・インの先にあるもの~

マーケティング用語に、「マーケット・イン」、「プロダクト・アウト」という言葉があります。

難しそうに言っていますが、簡単にいうと、前者が顧客ニーズを重視してサービスや価格を決める顧客志向、後者が逆に生産者思考ということです。一般的には、マーケット・インが良で、プロダクト・アウトが不可、と言われています。

コンサルティング現場では、「考え方がプロダクトアウトになっていますよ。もっとマーケットインの気持ちを持ってください。」などの言葉が飛び交います。確かに顧客志向は大切でしょう。

しかし私はいつまでも、顧客志向では物足りないと思います。「顧客ニーズには2種類ある」でもお話しましたが、顧客が気付いていない潜在ニーズを引き出す必要があります。そこには価格競争のない世界があります。この領域にいくためには、マーケット・インを超えたもの・・・どちらかというと、生産者の思いが強い商品やサービス、(これなら顧客が欲しがるはずだ、と自分が確信を持てるもの)が必要です。

これぞ究極のプロダクト・アウト・・・。こだわりが顧客を引き付け、価格競争と離れたところで勝負できる気がします。

「価格に挑戦する②~マーケット・インの先にあるもの~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , , , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ