お問合せ

銀行取引に関するちょっとした疑問④~なぜ3月9月に預金・貸出のお願いが多いのか~

いよいよ9月も終盤に差し掛かってきました。

皆さんの会社にも、銀行員がいつも以上に訪問してきているのではないでしょうか。訪問してきた銀行員は、色々なお願いをしてきていることでしょう。

最も多いのは、預金や貸出金の残高アップのお願いです。「月末週だけでいいので、預金を他銀行から当銀行へ移してください。月末週だけでいいので、手貸の未使用枠を使用してください。10月の割引を前倒しでお願いできませんか。」お願いセールス花盛りです。

なぜなら9月、3月は銀行の決算期にあたり、最も重要な月だからです。そしてこの時の数字が、対外的に発表されるため、残高をアップさせようとするのです。中小企業でも、決算期にできるだけ業績をよくするように努力すると思いますが、銀行でも同じことが行われているのです。

上記の内容を、詳しく色々な角度から説明するセミナーを、「経営に役立つ 銀行対応力向上セミナー」として、25年10月から開講します。現在受講者募集中ですので、この機会を是非ご活用ください。詳しくは⇒こちらから

「銀行取引に関するちょっとした疑問④~なぜ3月9月に預金・貸出のお願いが多いのか~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ