お問合せ

銀行との上手な付き合い方⑩~銀行と付き合うことのメリット~

優良企業で堅実経営。現預金が潤沢で、設備投資は自己資金で補っているという企業があります。また起業して間もなく、開業資金は自己資金で用意したという企業があります。

こうした企業は、銀行が訪問してきて「取引をしてください。」と依頼されると、すでに預金取引も行っており、これ以上銀行と付き合いをして、自社にメリットがあるのだろうか?と疑問に思います。「銀行員が飛込みで新規取引依頼に来た」でもお話しましたが、銀行員は貴社との「融資取引開始」を狙って訪問してきているのです。

では、今まで銀行融資が必要なかったのに、融資取引を開始してどんなメリットがあるのでしょうか?

会社経営を行っていると、予期せぬことが起こります。取引先からの要請で新規事業を展開する必要性が生じたり、そのために設備投資が必要になることがあります。また良くないケースでは、取引先の撤退や倒産により、売上が激減したり、焦げ付きが発生したりするケースがあります。

こうした際、自己資金では中々必要資金が準備できなくなると、銀行から融資を受ける必要が出てきます。いざ資金が必要になった時、「銀行融資を受けるのが初めてです。」ということになると、銀行も貴社の情報が不足しているため、時間も経緯を説明する労力もかかります。

このような予期せぬ事態が発生し、ばたばたするのを防ぐため、銀行と「お付き合い程度」の融資取引を行っておくことは、経営リスクを低くするための方法の一つです。

なぜなら、銀行と融資取引をすることで、決算書を定期的に提出する必要があり、銀行は貴社の業況を理解することになります。結果として、有事の際には素早い支援を得ることができるでしょう。また、銀行は前例主義であり、一度融資を実行し、きちんと返済している会社に対しては、追加融資をやりやすいものです。(初めて融資を受けるよりは、断然ハードルが低くなります)。

上記のような観点から判断すると、もし貴社が銀行との融資取引の経験がなく、今後特に資金需要が発生しないとしても、「お付き合い借入」をしておくことは、悪いことではないかもしれません。

【この記事を書いた人はこんな人】プロフィール
【関連記事】
銀行と経営者の考え方のギャップ~メインバンクをどう考えるか~
なぜ3月、9月に預金・貸出が多いのか
銀行員とノルマの関係

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

「銀行との上手な付き合い方⑩~銀行と付き合うことのメリット~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ