お問合せ

繁盛しているラーメン店。モデル店舗だと私は思います

Tag:タグ:

先日、時々行っているチェーン展開しているラーメン店で昼食を取りました。

その店は、「豚太郎」(とんたろう)と言います。砥部店という、幹線道路沿いではありますが、どちらかと言えば周辺人口が少ない地域にあります。いつ行っても繁盛しています。その日もお昼時に行ったのですが、ほぼ満席でした。カウンター15席、4席テーブルが、8セット合計で50弱の座席数だと思います。

食事している間、見ていると、入りれ変わり立ち代り、顧客が入れ替わります。昼食時期で3回転はしているでしょう。注文してから料理がくるまで、約5分。食べる時間が10分程度。15分で顧客は店を後にします。

メニューもシンプルで安い。ほとんどの顧客が、ラーメンか焼き飯。ラーメンも焼き飯も、単品でもお腹一杯になるボリューム。値段はワンコイン500円。味もおいしい。餃子を注文する人もいるので、平均単価は600円程度か。

食べ終わった食器を下げて、セットするのも速い。従業員は多能工で、厨房係がホールをしたり、ホール係が食材を用意したり。従業員間のコミュニケーションも良い様子。また、オープンキッチンで顧客から調理している様子が見えて安心感を持てます。色々な面でモデル店舗です。だから繁盛しているのか、と納得です。

顧客もこの道を通るときは、「豚太郎」と決めて来店しているようです。私もそのうちの一人です。飲食関係者は、一度見学に行くと参考になるかもしれません。

 

 

「繁盛しているラーメン店。モデル店舗だと私は思います 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ