お問合せ

銀行の担保の話⑥~自社の担保評価額を知っていますか~

前回、時価と担保価でもお話しましたが、銀行には時価(実勢価格)という考え方より、その時価を補正した担保評価という考え方を重視します。

では自社の担保物件を、銀行がどれぐらいの価値で評価しているか、ご存じですか?ほとんどの企業が把握していないと思います。

自社の融資残高と、銀行が評価している担保評価の差額。これがプラスであれば、枠が空いていると言えますし、マイナスであれば、無担保部分があると言えます。(当然融資の判断基準は、担保だけではなく、財務内容や、返済実績、資金使途、経営者の人物像、取引内容など、多岐に渡り、担保力は、その中の一つの要素です)

銀行と融資の交渉をするのであれば、この自社の状況を把握しておく必要があります。銀行側からしても、担保評価表など、内部資料は中々だしてもらえないかもしれませんが、粘り強く交渉してみましょう。もし教えてくれなければ、自社で推測値を出しておくと良いでしょう。

この内容を、さらに詳しく色々な角度から説明するセミナーを、「経営に役立つ 銀行対応力向上セミナー」として、25年10月から開講します。この機会を是非ご活用ください。詳しくは⇒こちらから

「銀行の担保の話⑥~自社の担保評価額を知っていますか~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ