お問合せ

銀行の担保の話②~動産担保と預金担保~

銀行の担保の話。今日は、動産担保と預金担保について、お話します。

まず、動産担保ですが、実務上どのようなものが、担保に取られているのでしょうか。銀行が担保として取る動産は、株式や生命保険、そして最近では売掛債権などです。特に売掛債権については、銀行の売掛債権に関する、評価方法や管理方法のノウハウ蓄積により、融資の担保としての影響力を増してきました。いわゆる動産担保融資(ABL)呼ばれているものです。

また、預金も担保として取ることがあります。預金を担保にする際は、通常、定期預金を担保に取ります。しかし、企業側からすれば、定期預金を担保にして、融資を受けるぐらいなら、その定期預金を取り崩して、運転資金に流用する方が、金利負担を考えるとよっぽど得です。できれば預金担保での融資は受けない方が良いかもしれません。

この内容を、さらに詳しく色々な角度から説明するセミナーを、「経営に役立つ 銀行対応力向上セミナー」として、25年10月から開講します。この機会を是非ご活用ください。詳しくは⇒こちらから

「銀行の担保の話②~動産担保と預金担保~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ