お問合せ

銀行から見て首をひねりたくなる決算書③~役員貸付金は不良資産~

Tag:タグ: ,

銀行から見て首をひねりたくなる決算書。第3回目の今日は、役員貸付金についてお話します。

~役員借入金は不良資産?と判断されるわけ~

前回お話した役員借入金は、資本として『肯定的』に見ることができる、とお話しました。反対に、役員貸付金は、『否定的』に見られます。基本的には、不良資産としてみなされます。そして、場合によっては、会社のお金を流用している、法人と個人のけじめがついていない、と見られます。

役員貸付金は、実体のない場合があります。表に出せない資金をとりあえず、役員貸付金で処理していたりすることがあります。また、自宅を購入したり、リフォームしたり、子息の教育資金など、「ちょつと会社から借りておこう」というケースもあります。

個人の資金は、例えば住宅資金は住宅ローン、教育資金は教育ローン、として代表者個人の融資を受けて資金を用意しましょう。会社の運転資金として調達し、それを役員の個人的用途に回すと、前述したように、銀行の評価が悪くなりますし、本当に会社に資金が必要な時に、融資枠が一杯になってしまい困ることがあります。

銀行は、企業が思う以上に、役員貸付金を厳しく見ているのです。

このように、銀行の決算書の見方をテーマにした講座、「経営力向上のための銀行対応力向上セミナー」を、25年10月から開講します。この機会に是非ご活用ください。詳しくは⇒こちらから

【この記事書いたのはこんな人】プロフィール

「銀行から見て首をひねりたくなる決算書③~役員貸付金は不良資産~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ