お問合せ

銀行から見て首をひねりたくなる決算書②~役員借入金を長期借入金に組み込んでいる~

Tag:タグ: ,

銀行から見て首をひねりたくなる決算書。第2回の今日は、「役員借入金を長期借入金に組み込んでいる」です。

~役員借入金を長期借入金と分けていない~

役員借入金とは、社長などの役員が、会社が資金不足の時、自分の預金など個人資産を貸し付けることです。銀行ではこの役員借入金を、資本金と同じような性質として見ています。つまり、役員借入金は借入金というより、資本金として見るケースがあります。

しかしながら、企業の中には、この役員借入金を長期借入金勘定の中に組み込み、B/Sの科目上、「長期借入金」として、一括計上しているケースがあります。付属明細をよく確認すると、役員借入金の存在に気付きはしますが、B/Sを表面上見ただけでは、分かりません。

一括で計上していると、銀行員が決算分析データ入力に回す時、長期借入金と役員借入金を分別せず、そのままデータ入力してしまうかもしれません。

ちょっとしたことではありますが、パッとB/Sを見たとき、役員借入金が〇〇百万円あるんだな、と銀行員が分かるように、「長期借入金」「役員借入金」と勘定科目を分けておくといいのではないでしょうか。

このように、銀行の決算書の見方をテーマにした講座、「経営力向上のための銀行対応力向上セミナー」を、25年10月から開講します。この機会に是非ご活用ください。詳しくは⇒こちらから

【この記事書いたのはこんな人】プロフィール

「銀行から見て首をひねりたくなる決算書②~役員借入金を長期借入金に組み込んでいる~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ