お問合せ

設備資金を申し込むとき気をつけること②~返済期間の設定~

設備資金を申し込むとき気をつけること。第2回目の今日は、返済期間についてお話したいと思います。

設備資金の借入は、長期借入金で調達するのが普通です。しかし、長期借入金を申込む際、返済期間を重視する方がどれだけいるでしょうか。ほとんどの方の意識が、金額や金利に向いています。返済期間を何年に設定するか、このことはとても大切なことです。

返済期間をきちんと設定できていなければ(特に短めに設定してしまった場合)、設備投資後に資金繰りが忙しくなってしまいます。それを防ぐためには、設備投資後の事業計画をきちんと立てて、設備投資をすることでどれだけ収益(返済財源)を生むことができるのか、把握しておく必要があります。自分で決められなければ、銀行が決めてきます。その場合は、銀行には短期間で貸出金を回収したいという意識が働くため、短めに設定されることが多いのです。

以上お話してきましたように、設備資金の返済期間の設定には十分気をつけてください。

「設備資金を申し込むとき気をつけること②~返済期間の設定~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ