お問合せ

プロコンを目指すあなたに話しておきたいこと④~どんな組織に属するか考える~

Tag:タグ:

プロコンを目指す診断士。独立したらまずどこかの組織に属すると良いでしょう。組織に属して年会費を払うと、色々な情報提供や仕事のあっせんがあります。

仕事のあっせんといっても指名ではなく、希望者は手を挙げてください、事務局で選定しますという方式です。私は愛媛県中小企業診断士協会に所属していますが、ここは若手に積極的に仕事をあっせんしています。地方では独立系診断士自体の数が少ないので、手を挙げれば比較的受注しやすいのではないかと思います。これが都会だと競争が激しいかもしれません。

また開業すると、色々な組織から入会のお誘いが来ます。勉強会のお誘いも来ます。協業のお誘いも来ます。私の場合、話があるとすぐ正会員にはならず、何回かお試しの上、自分に合いそうなものを選んでいます。声がかかるものすべてに参加していると、費用も時間もたくさんかかります。

コンサルタントの場合、たくさんの異業種交流会に参加して名刺交換しても、仕事には結びつきにくいのではないでしょうか。うまく異業種交流会を活用している方もいらっしゃるとは思いますが、私のスタイルではうまく結びつかないようです。大勢の中の一人になってしまいます。どちらかといえば、それなら自分が主催しなさいという考えです。

開業時にどんな組織に属するのか考えることはとても大切です。参加してみて違和感を感じたら、距離を置きましょう。自分に合う組織を探してはいかがでしょうか。

誰と連携するのかと同時に、どの組織に属するのかは、重要ね経営判断です。

「プロコンを目指すあなたに話しておきたいこと④~どんな組織に属するか考える~ 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ