お問合せ

コミュニケーションは双方向がいい

Tag:

先月まで短大で「起業論」という講義をしていました。15回シリーズで行っていましたが、途中5回に1回程度、理解がどれだけ進んでいるか確認のため、確認テストを行っていました。

15回目の最後の授業は、3回目の確認テストでした。20名の受講者のうち、16名(4名欠席)の受講生に最後の確認テストを受けてもらいました。
事務所に答案を持ち帰り、採点した後、余白に受講生1人1人に対して、テストについてはもちろん、受講生への私の感想をコメントとして書きました。その答案は事務局に郵送し、事務局から受講生1人1人に返してもらうようお願いしました。

この採点→コメント→返却という流れは、業務範囲には入っていません。ではなぜ・・・。
受講生を顧客と考えた場合、顧客の満足度が高まると考えたからです。自分の提出した答案に対して、講師からコメントが返ってくる場合と返ってこない場合。会社の場合も共通している部分があるように思います。従業員のモチベーションがアップし、それが自社の業績アップにつながる・・・。

自身に置き換えてみると銀行勤務時代、回した稟議書や日報に上司からコメントを探す自分がいました。肯定的なコメントの場合は気分が盛り上がるし、厳しいコメントであると気を引き締めたり、落ち込んだり・・・。何もコメントがない場合は残念な気持ちになりました。

当然だけど、コミュニケーションは双方向がいい。一言声掛けしたり、日報に一言記入してみたり。簡単なことだけにおろそかになりがちで大切にしたいことですね。そんなことを考えている今日この頃でした。

人気ブログランキングへ←ぽちっとよろしくお願いします。

「コミュニケーションは双方向がいい 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ