お問合せ

新たな企業再生支援手法

Tag:

先日、中小企業再生支援全国本部から、「中小企業再生支援協議会における新たな再生支援手法」について発表がありました。

それは、中小企業再生支援協議会版「資本的借入金」の積極活用についてです。

資本的借入金とは、またの名をDDS(デッド・デッド・スワップ)といい、借入金を劣後ローン(期日一括返済)に切り替えることです。借入金を劣後ローンに切り替え、「資本的借入金」と認定されることのメリットは、①企業側は、返済負担の軽減、(リスケと同じ効果、しかし資本と見做されるため、債務者区分は良化する)②金融機関側は、金融検査上、「資本的借入金」を資本と見做すことができるため、貸倒引当金の計上を少なくできる(銀行の決算内容がよくなる)ことです。

金融円滑化法の出口戦略として、今後積極的な活用が見込まれています。ただし、中小企業再生支援協議会の承認がいります。(2次対応案件として認められることが必要)。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村←ランキング参加中。この記事が参考になったら、ぽちっとお願いします。

「新たな企業再生支援手法 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ