お問合せ

決算書の役員借入金、役員貸付金。この勘定科目に要注目。

Tag:タグ: , ,

決算書に「役員借入金」「役員貸付金」という勘定科目があります。

言葉は似ていますが、資金の流れは真逆になっています。

=== 役員借入金とは、会社が役員からお金を借りていること ===

まずは「役員借入金」ですが、負債勘定にあります。

または、「役員借入金」という勘定科目に分かれていないこともあります。

どういうことかというと、役員借入金という勘定科目にせず、長期借入金や短期借入金の中に、入っていることも結構あるということです。

役員借入金とは、社長や役員が会社に対して、資金を貸し付けることです。会社側からすると借入金です。だから負債勘定です。

=== 役員貸付金とは、役員が会社からお金を借りていること ===

次に「役員貸付金」ですが、資産勘定にあります。

または、「役員貸付金」という勘定科目に分かれていないこともあります。

どういうことかというと、役員貸付金という勘定科目にせず、短期貸付金や長期貸付金、仮払金などの中に、入っていることも結構あるということです。

役員貸付金とは、会社が社長や役員に対して、資金を貸し付けることです。会社側からすると貸付金です。だから資産勘定です。

イメージからすれば、役員貸付金→資産勘定=良い、役員借入金→負債勘定=悪い、ですが、実情は少し違います。

=== 役員借入金は、場合によって資本金と考える ===

負債勘定である役員借入金は、会社の資金が不足しているときに、役員が個人のお金を会社の資金繰りに使用したときに発生します。

または、決められた役員報酬を取らずに、会社の資金繰りに使用したときに発生します。

借入ですから、返すことが前提ですが、法人と経営者が一体の中小企業の場合、経営者に会社からお金を回収しようとする意識が薄く、長期間返済しないケースが多いのです。

この場合は、役員借入金は負債ではなく、一種の資本金(疑似資本)と考えることができます。

=== 役員貸付金は、実は不良資産の場合が多い ===

一方、資産勘定である役員貸付金は、社長の自宅建築や教育費などの個人的な支出に対して、会社からお金を持ち出している時に発生します。

または、使途不明金が役員貸付金で処理されていることもあります。

資産ですから、いずれ入ってくることが前提ですが、往々にして正体が曖昧な役員貸付金は、回収不能になるケースが、多いのです。

この場合は、役員貸付金は、資産の中でも「不良資産」と考えられます。

=== 銀行は、こう判断する ===

銀行は、役員借入金、役員貸付金という勘定科目を細かくチェックします。

役員借入金については、

役員は借入金を回収する気持ちで、一時的に貸しているだけである →→→→→ 負債
役員は借入金を当面回収する予定がない、しばらく貸し付けておく →→→→→ 疑似資本(資本としてプラス判定)

役員貸付金については、

役員は会社に計画的に返済しており、貸付契約を交わしている →→→→→ 資産
長年同じ金額が固定化されており、役員は返済している様子がない →→→→→ 不良資産(資産勘定からマイナス判定)

基本的には、役員借入金は好意的に、反対に役員貸付金にはあまり良い顔をしません。

中小企業の場合は、法人、役員が一体化しているケースが多いため、役員借入金や役員貸付金が、どんぶり勘定となっていることがあります。

しかしお話ししてきたように、役員借入金と役員借入金は、会社の財務に対する姿勢を映し出していることが多いのです。

【この記事を書いた人はこんな人】プロフィール
【関連記事】
粉飾決算書の提出は、銀行の融資方針にどう影響するか
銀行は決算書のどこを見ているか~貸借対照表編~
2期連続赤字が続くと、銀行員にチェックされる決算書の項目

この記事に関してのお問い合わせは、こちらからどうぞ。

「決算書の役員借入金、役員貸付金。この勘定科目に要注目。 」
ご覧いただきありがとうございました。

 
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村←ランキング参加中。参考になったら、ぽちっとお願いします。
関連タグ:タグ: , ,

「コンサルのちょっといい話」 関連の記事一覧

 
ページトップ